食事制限なしの減量とは甘えではないか?

減量

ダイエットすると言ったときに短期間で痩せるか、長期間で痩せるかということは考えないといけないと思います。

そんな中で、短期的に痩せたいのであれば食事制限が有効ではあると思います。

しかし、長期的に痩せた状態を維持したい場合は適度な運動が必須だと思うのです。

極論を言うと、食事制限なしの運動のみで痩せられたのなら、その体型はずっと維持できるのではないでそうか。

運動によるカロリー消費

私は毎朝自転車に乗っています。(ただ最近は雨&風邪をひいてしまい乗れていませんが…)

自転車に乗るときはスマホのアプリ「Bikeometer」でルート、距離、時間等を記録しています。

このアプリの機能でGPSを使ったルート記録もあり、非常に便利なのですが、なんとカロリー消費もあるので、とある日のデータをご紹介します。

  • 走行時間:1時間12分
  • 走行距離:24.82km
  • 平均速度:21.96km/h
  • 最大速度:56km/h
  • 最高高度:512m
  • 最低高度:176m
  • 初期高度:196m
  • カロリー:294.6kcal

アプリによると1時間走ってカロリーは294.6kcalを消費しているみたいです。

ごはん100gが160kcalくらいらしいので、運動したからごはんおかわり!とか言うと完全に無駄になることが分かります。

自転車1時間相当の食事制限をしようと思ったら、朝ぬきとかにすればお釣りがきます。

これなら、パッパと痩せたい場合は食事制限をしたほうがお手軽と思ってしまいますね。

ただ、ずっと朝ぬきはつらいわけで、痩せたら朝ごはんが復活するわけです。

朝ぬきが平気な人がうらやましいです。

運動によるメリットもあるはず

食事制限によるダイエットの問題点として、筋肉、代謝が落ちてしまうことがあります。

残念なことに体重が下がるときはまず筋肉からおちて、脂肪は減らないみたいです。

筋肉が落ちれば代謝も下がりどんどん痩せにくい体になっていきます。

つまり、食事制限は一時だけのドーピングのようなもので長期的な意味はないのです。

逆に運動をつづけていれば、筋肉がつき代謝が上がり、痩せやすい体になっていきます。

そうすれば、いざ体重が落ちた時にリバウンドしにくい体になっていることでしょう。

理論武装は完璧

ここまで読んでくださった皆様にはもう、なぜ私が食事制限なしの運動による減量を目指しているか理解してもらえたかと思います。

それは健康を考えたら食事制限などせず、運動により痩せることが一番だからです。

(よし、ここまで言えば、なぜ食事制限をしないのかの言い訳はバッチリでしょう)

ではまた!

ランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 ダイエットブログ 運動ダイエットへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
減量
ebituriをフォローする
スポンサーリンク
三十路から始める投資と減量ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました