株式買付と来年の資産運用方針

投資

本日は仕事納めでした。

最近は年末のせいか、慌ただしい日々が続いていました。

IPOも終わり、投稿も少なくなってしまっていました。

IPO準備金として投資信託も売却していたので、何も資産運用をしていない状態でした。

とはいえ、現状で投資信託を買うのもタイミングがあいません。

というのも元々は売却した投資信託の価格が下がったら買い戻そうと思っていたのですが、ずっと好調のため値下がり待ちをしている状態だからです。

そこで、新たに何かしようと思っていたのですが、ふと思ったことがあります。

そもそも株式を直接買っても良いんでない?

正直言って毎日チェックをしている状態なので、投資信託は何となく肌に合わないような気がします。

それならば株式を直接買うのもひとつ手かもしれません。

さてそしたら、何を買おうかということになります。

何か参考になるのはないのと思っていたらSBI証券には↓のようなテーマ投資という、ある程度テーマごとにジャンル分けした株式を10社分購入できるサービスがありました。

これは便利です!

さらにテーマごとの説明があるので納得のいった株式を購入することが出来ます。

今回注目したテーマは「国土強靱化」です。

説明文は↓のように書かれていました。

東日本大震災からの復興およびインフラ老朽化対策や耐震化を骨子とした「国土強靭化」は株式市場でも重要なテーマ性を持つ。高度経済成長期に建設され、建設後50年を経過した社会インフラの割合は、国土交通省によると、全国約73万カ所の道路橋のうち25%、同約1万カ所を超えるトンネルの20%に及ぶ。こうした老朽化インフラへの対策は急務であり、国を挙げて「日本国土のメンテナンス」への関心が高まっている。

「国土強靱化」テーマの説明文より

かなり詳しい説明になっています。そして関連度に合わせて10社選ばれ、さらにどのような配分で株を購入するとよいかも教えてくれます。

さらにTOPIXとの比較表もあるのでとても親切で参考になるサービスです。

しかーし、ここで一つ問題があります。

それは、最高でも一社あたり99株までしか購入できないということ。

というのもこのテーマ投資は単元未満株で購入できるサービスとなっています。

そのため、単元となる100株以上では購入できないのです。

そして、この単元未満株が曲者で、非常に手数料が高くなっています。

少ないお金で投資できる!単元未満株とは
今回は前回の記事で出てきた単元未満株について説明したいと思います。

せっかく、何の株式を買えばよいか決まったのに手数料が高いのはもったいない!

ということで、テーマ投資で購入する株式を決めて、通常の買付で(100株ごとで)株式を購入しました。

今回選んだ、 国土強靱化 はインフラ関係の会社です。

つまり年度末にむけて工事が多くなる今の時期に株価が上がる会社ということで狙い目だと思った次第です。

本来であれば10月くらいから購入した方が良かったのかもしれませんが、まだまだ伸びしろはあると思います。

実際に購入したのは2日前です。

本日までの損益が↓のとおり。

なんと54,800円のプラスとなっています。

これは驚きです。

来年の方針としては、これらの株価をみつつ、売却した投資信託が値下がりしたら切り替えていく方向でやっていこうと思います。

投資信託が下がらなくても、40万円の利益が出るか2月になる時点で上記株式は売却しようと思います。

おそらく年度が終わる3月ころから工事も落ち着き値下がりしていくと思うので。

これからは、このような季節ものの株式を選んで購入していくというのもアリかもしれません。(まあこの2日間が偶々上昇しただけで1月に損失を出すかもしれませんが)

それでは本日はこのへんで。

ランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

ではまた!

スポンサーリンク
GogoJungleアフィリエイター募集
投資
ebituriをフォローする
スポンサーリンク
三十路から始める投資と減量ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました